10万人の不登校生

日本中で登校拒否の子どもってどれくらいいるんでしょう・・・。気になって調べてみたら、ビックリしました。中学生で10万人以上もいるそうです。人数がなってしまうのか調べてみました。36人に1人が不登校。小学生も中学生も、不登校の子どもは右肩上がりだと知りました。今はそんなに、多いのですね・・・。

 

うちの息子、小学生の頃は普通に友達と遊んでいましたし、宿題もちゃんとやる方でした。だから、まさか自分の子が登校拒否になるなんて考えてもいませんでした。実際に自分の子どもが不登校になってみて、急に身近な問題になってしまいました。

 

あれから息子は、ずっと学校へ行ってません。無理に行かせるのも、息子の気持ちを考えると良くないような気がして。

 

そして、息子のような不登校の、他のお子さんの様子について調べていたら、やはり通信制高校のことがインターネットで色々と出ていました。中学校に行ってなくても入学できるのか、そもそも高校生としてちゃんと勉強できるのか心配だったのですが、確認してみると、入学の条件としては一応、大丈夫なようでした。

 

不登校の子や、学校へ行きたくない子どもに対応した通信制高校もわりとあるみたいです。少し安心しました。学校へ通えなくても、最近はパソコンやスマホを使って勉強することもできるそうです。息子は動画を見たり、興味のあることを検索するようなので、なんとかなりそうな気がしてきました。

とりあえず高校卒業の資格だけ取ってくれれば、あとは自分の好きなことを見つけて何かできるのではないかと思っています。今は昔と違ってインターネットがあるので、外の世界と関わりを持って、だんだんと自信を持つようになれば良いなと思います。外へ出るのが苦手ならば、パソコンで仕事をすることもできるかもしれません。

 

親としては、やはり時々不安になってしまいますが、今は充電する期間だと割り切って、人と比べずに見守るのが一番かと・・・。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です